MGHについて

MGHについてイメージ

企業コンセプト(ビジョン)

“直す”から“治す”へ。新しい命を吹き込む機械の総合病院が誕生。
自動車整備で長年培ってきた技術とノウハウを融合し、
新しいエンジニアリング分野の可能性や未来を切り開きます。

次なるステージに向けて、新たなステップを踏み出しました。

創業から半世紀。弊社(旧:山陽自動車興業株式会社)は、現在、軽四から大型車さらには特殊車両の整備を中心に、車両整備のことならほとんど全てに対応できる自動車総合整備工場へと成長してきました。そして、次なるステップとして、長年培ってきた技術やノウハウを活用、融合することで、自動車分野だけに留まらず、世の中で使われている様々な機械の製作提案、あらゆるメンテナンスができる会社、株式会社MGHとして新しく生まれ変わりました。

MGH

 MGHには、病院のような機械の専門ドクターがいます。

病院のような機械の専門ドクター

一般的に、人における総合病院とは、多数の診療科を有し、地域の中心的な存在です。
総合病院には通常、カルテがあり、病気の状態、治療の履歴が蓄積されていて、一つの窓口から症状に応じた治療を進めるため、何軒もの病院を回る必要がありません。
私たちMGHが理想とする姿は、機械の総合病院(Machine General Hospital)なのです。カルテというエビデンス(客観的証拠)に当たる点検記録、検査員による各症状の点検など、お客様からお預かりした車両のデータを一元管理するシステムを導入して、点検・車検・一般整備の随所で活用しています。
最新の機器によるコンピュータ診断(内科的)、エンジンのオーバーホール(心臓外科的)、鈑金・塗装(整形外科的)、バキュームカーのポンプ車の修理(循環器内科的)、電飾電気機器の修理(神経外科的)など、MGHは、お客様にエビデンスに基づく最適なサービスを提案・提供する、車と機械の専門ドクターがいます。

経営理念

7大指針と3つのC

A・・・Action
行動力は伴っているか
B・・・Balance
バランス感覚は備わっているか
C・・・Compliance
法令遵守は守られているか
Communication
コミュニケーション(報・連・相)は図られているか
Challenge(Change)
目標に向けて、挑戦しているか
D・・・Develop
技術・能力の開発はなされているか
E・・・Evidence
身近な常識の根拠レベルは高いか
F・・・Function
合理的に機能しているか
G・・・Gentle
相手に対する気配り優しさは充分か