車両関連

車両関連イメージ

各種建機・重機の点検整備

日本の産業を支える車両を万全にサポート。
万全にサポート
工業地帯、建設現場など、あらゆる現場で活躍する各種の特装車や産業車両。これらは全て、「運ぶ、吊る、持ち上げる、引っ張る」作業をより正確に行なうために、非常に高度な電気・電子・油圧技術で制御された“ロボット”とも言える車両や機械たちです。私たちMGHでは、こうした車両や機械をオペレーターが自由自在に動かすために、電気・電子・油圧の専門家を育成して、“ロボットたち”を常に最高の状態に保てるようなシステムのメンテナンスにきめ細かく対応しています。

対象サービス

クレーン年次点検
移動式クレーンは法令(クレーン等安全規則第76条)により、設置後一年以内に一回定期的に自主検査を行い、その記録を三年間保存することが事業者に義務付けられています。
(違反した場合は50万円以下の罰金が科せられます。)

クレーン年次点検

ショベルカー等建機の点検
土木工事や採掘現場などの作業効率を大幅に向上するショベルカー。常に最大限の力を発揮し続けるためにも、行き届いた整備が必要です。ショベルカーの場合、ナンバープレートのついた一部の車種(タイヤショベルなど)以外は車検の必要がありませんが、労働安全衛生法により、有資格者による年次検査「特定自主検査」が義務付けられています。

ショベルカー等建機の点検

フォークリフト等産業車両の年次点検
フォークリフトは年1回の特定自主検査(年次検査)を行わなければなりません。1年を超えない期間ごとに1回、定期に次の事項について自主検査を行なう必要があります。
(労働安全衛生規則第151条の21)

フォークリフト等産業車両の年次点検